シカゴからロサンゼルスまで

ヨッ、調子どう?

そこにドラマがあるから 神聖かまってちゃん

 

 

ードラマのある音楽が好きだ。

ありふれたフレーズをテンポの良いリズムに乗せただけの薄っぺらい音楽じゃなく、1人の人間が自らのことを赤裸々に歌う、ドラマのある音楽が好きだ。

 

 

 

 

 

出会い

 

僕が神聖かまってちゃんを知ったのは2011年の夏に放送された「coming soon!」という歌番組でした。

 

 

f:id:kashiwasita:20170902172409j:image

 

 

地上波初登場だった神聖かまってちゃんのVo.の子が歌を歌わず暴れまくり、完全に放送事故だったことが強烈に印象に残っています。

 

 

f:id:kashiwasita:20170902172610j:image

 

f:id:kashiwasita:20170902172627j:image

 

 

中居さんは終始この険しい顔。

 

 

キチガイバンドと呼ばれて

 

神聖かまってちゃんの経歴は、

 

takeuching.blogspot.jp

 

このサイトを見た方がいいと思うので割愛します。

 

かまってちゃんのメンバーは皆いじめ経験があり、特にVo.の子はそれが顕著に行動に表れています。渋谷交番前で生配信をして警察と揉めて逮捕されたり、ライブ中におしっこ(放尿)、血流、未成年を妊娠させたという噂まで立ったのですからとても普通じゃありません。

 

もちろんの子の異常性は曲にもよく表れていて、好き嫌いがハッキリ分かれるジャンルといえば話が早いです。

この曲を聞くかぎり、神聖かまってちゃんの音楽は精神的に安定しない「キチガイバンド」と思われるかもしれません。世間から色眼鏡で見られ、叩かれ、曲自体の良し悪しよりイメージが先行しているように感じます。

 

 


友達なんていらない死ね   PV    神聖かまってちゃん

 

 

しかし、の子は昔こんな事を言っています。

 

「キチガイのフリした凡人で何が悪い!!僕は特別になりたいんだ!他になにもできないし何もないし結婚もできないし人生なんてなにもない!音楽がなかったら本当になーんもないんだ!!!!」

 

これが本音なら、の子は大した男です。

実際、かまってちゃんはネット世代の若者のリアルをその生き様で体現しています。一部のひきこもりやニートからは救世主のように崇められ、世の中の死にたい人に大きな影響を与えています。 


かまってちゃんの楽曲は上記では好き嫌いが分かれると述べましたが、叩かれる理由として「曲が暗い」「意味がわからない」といったものがよく挙げられます。

 

しかし、かまってちゃんの最大の魅力はシンセサイザーによるポップで儚く美しいメロディと、それを拾い上げるセンチメンタルな歌詞にあります。の子の声も曲ごとにボイスチェンジャーで改変されて美しい構成を成立させてます。

 

また、の子だからこそ書ける「人生がうまくいかない気持ち」「死にたくても死ねない気持ち」が一見拙いように見えて実は本質を捉えている歌詞へと落とし込まれて、焦燥的で刹那的な曲へ昇華しています。

 

神聖かまってちゃんはその素行をよく取り沙汰されますが、バンド自体の楽曲は本当に素晴らしいのです。

 

 


22才の夏休み  PV 神聖かまってちゃん

 

 

あの桑田佳祐もかまってちゃんの楽曲を聴いて「まぐれでしょ?よく思いついたね」とラジオで褒めたほどです。

 

僕は中学の頃、人に嫌われた経験があります。そのとき、初めてかまってちゃんの曲が理解できました。孤独は悪いことじゃない。死にたいときは死にたいって吐き出してもいいだろ、とかまってちゃんの曲がぐるっと一周回って生きてく処方箋になりました。

 

こういうヒーローがいてもいいんじゃないでしょうか。

 

 

そして現在は

 

前述しましたが、の子自身も心に相当な鬱を抱えているので曲も「学校に行きたくない」「友達なんていらない死ね」「死にたい季節」のように後ろ向きな曲が以前は主流でした。

 

しかし、昨年出したアルバム『夏、インストール』は今までとは違い、明るく前向きな曲が多いのです。リード曲、「きっと良くなるさ」は今までのかまってちゃんからは想像も出来ない程ド真ん中な応援ソングで、ファンからは困惑もありました。

 

 


神聖かまってちゃん「きっと良くなるさ」MusicVideoフルVer.

 

 

しかし、の子がこの歌を歌っていることに意味があると思うのです。

今までずっと鬱や死にたい気持ちを歌ってきたの子が、こんな曲を書けるようになった。音楽は、人を変えるんです。「キチガイ」「キモい」「消えろ」と散々言われ、一部のファンにしか受け入れられてなかった彼らが、昨年は主催フェスまで開けるようになりました。

 

まだまだ世間に受け入れられてるとは言い難いですが、彼らは彼らなりのやり方でこれからもバンドを続けると思います。頑張りたくても頑張れなくて、それでも少しづつ理想の姿に自分を近づけていく彼らをこれからもそっと見ていきたいです。

 

 

9/6に発売されるNewアルバム

wmg.jp