シカゴからロサンゼルスまで

ヨッ、調子どう?

東南アジアの個人的良スポットまとめ

 

最近、気軽に行ける海外旅行で台湾に続いて東南アジアの人気をご存知ですか?

 

僕は大学2年の夏〜3年の春にかけて東南アジアの3ヶ国(ベトナム、カンボジア、タイ)に行ったことがあります。

 

今回はそんな僕がこれから行こうと思っている人にむけて東南アジアの個人的良スポットを3つ紹介したいと思います!

 

 

 

 

 

ホイアン(ベトナム)

 

f:id:kashiwasita:20170831000600j:image

 

ホイアンはベトナムのリゾート地として有名な都市ダナンのビーチに沿って約30km行ったところにあります。

 

ここは1999年に「ホイアンの古い町並み」として世界文化遺産に登録された港街で、ベトナムに来たら絶対に外せないスポットです。 

 f:id:kashiwasita:20170831000401j:image

 

旧市街は当時「海のシルクロード」と呼ばれた古い街並みを維持していて、歴史保護地区にも指定されています。

 

そのため街に入るだけでも入場料600円がかかりますが、ホイアンにはそれだけの価値があります。

 

f:id:kashiwasita:20170831001242j:image

f:id:kashiwasita:20170831001416j:image

 

観光客向けのお土産も充実しています。

 

f:id:kashiwasita:20170831001514j:image

 

夜になるとまた雰囲気が変わり、とても幻想的な空間に変わります。

船から提灯をぶら下げて、灯りが点いたホイアンの街並みを楽しむのがオススメです。

 

 

 

アンコールワット(カンボジア) 

 f:id:kashiwasita:20170831225502j:image

 

カンボジアに来たらここ!

世界遺産のアンコールワットは絶対に行きたいですよね。

 

シェムリアップから約5km、アンコール朝が栄えた9〜15世紀に建てられた伝統的な建築物で他にもアンコールトムなどをはじめとした遺跡群を抱える広大な敷地が広がっています。

 

f:id:kashiwasita:20170831002014j:image

 

お猿さんも観光客に混じって見学。

 

f:id:kashiwasita:20170831002300j:image

 

中はこんな感じ。

 

f:id:kashiwasita:20170831225200j:image

 

特にアンコールワットに訪れる時間帯は朝日が昇る午前5時がオススメです!

これは現地の人が薦めている楽しみ方で、アンコールワットで見る朝日にはとても言葉では表せない感動が待っていることでしょう。

早起きは大変ですが…。

 

f:id:kashiwasita:20170831225727j:image

 

天気が良いとこんな絶景を味わうことができます。

 

 

 

 パトンビーチ沿い(タイ)

 

f:id:kashiwasita:20170831230308j:image

 

タイと言えばバンコクも良いですが(良かったです)僕がオススメしたいのは世界有数のリゾート地として知られる南部のプーケット。

 

f:id:kashiwasita:20170831230334j:image

 

特に夜になるとパトンビーチ沿いの通りが賑わい始め、東南アジア独特の怪しいお祭り騒ぎ的な空間を楽しむことができます。

 

そこら中の看板が光りだして屋台や客引きのオンパレード。ほんのり漂う潮風に身を任せながら夜道を散歩するのもオススメです。

 

f:id:kashiwasita:20170831230512j:image

 

街中にある市場では美味しいタイ料理が楽しめます。

 

f:id:kashiwasita:20170831230543j:image

 

怪しげな看板も…?

 

f:id:kashiwasita:20170831230619j:image

 

夜のパトンビーチも最高です。

プーケットに来たら昼間はレジャーを楽しんで、夜は街に繰り出すのがいいでしょう。

 

 

 

おわりに

 

東南アジアと言うと以前は「治安が悪くて汚い」といったイメージがありましたが、現在はリゾート地として発展しているスポットも多く、外国人の観光客もたくさんいるので初めて海外に行く人などには特にオススメです。