シカゴからロサンゼルスまで

ヨッ、調子どう?

今週の一枚「TALENT/Rhythmic Toy World」

 

f:id:kashiwasita:20171006212046j:image

 

収録曲

1. 未来ワンダー
2. JIGOKU
3. フラッシュバック
4. ミュージックマン
5. 大丈夫
6. ポエトロジーライド
7. バベル
8. ドンシンフィー
9. メインアクト
10. 涙の使い道
11. いつか (TALENT Ver.)
12. ユメイロ (TALENT Ver.)

 

バンド名が覚えにくいことで有名なRhythmic Toy World(リズミックトイワールド)は2009年に結成された。わずか3年弱で「RO69JACK 2012」で入賞を果たし、現在もインディーズながら根強い人気を誇っている。

 

このバンドはメロコア/エモーショナルという2つの武器を持っており、とにかくカッコいいのに/泣ける。ライブでの激しいパフォーマンスは同世代の中では頭一つ抜けていて、知名度さえあれば確実にシーンを引っ張っていく存在になり得るはずだ。

 

今年の9月に発売されたこのアルバムは、前作の『HEY!』と比べて曲に対する熱量がパワーアップし、長髪で浮いていたVo.内田も三つ編みをばっさり切ったことによって、ただのカッコいいバンドになってしまった。

 

 

f:id:kashiwasita:20171006214922j:image

Befor

 

 

f:id:kashiwasita:20171006214951j:image

After

 

 

 

 

オイ、もはや誰だコレ

 

 

 

 

TALENT

TALENT