シカゴからロサンゼルスまで

ヨッ、調子どう?

椎名林檎の歌詞って、意味不明だよね?

 

 

皆さんは椎名林檎という日本ポップ界の魔女を知っていますか。

 

 

f:id:kashiwasita:20171217023639j:image

 

最近ではリオ・オリンピック閉会式に公開された日本のプレゼンテーションの演出にも携わっていて、日本を代表するミュージシャンとして広く認知されています。

 

今回はそんな富・名声・力というこの世の全てを兼ね備えた椎名林檎の書く歌詞がぶっちゃけ、意味不明という記事です。

 

 

 

 

椎名林檎とは

 

日本の女性シンガーソングライター。1998年に「幸福論」でデビューし、新宿系と呼ばれる世界観で話題に。翌年に出した1stアルバム『無罪モラトリアム』がいきなりミリオンヒットを記録し、4thシングル「本能」はその攻撃的なMVで社会現象を引き起こしました。

 

その後産休による休業を経て、2004年から2012年までは自らが結成したロックバンド・東京事変のボーカリストとしても活躍しました。

 

f:id:kashiwasita:20171217025341j:image

 

もはや伝説的なバンドになった東京事変のことは今回は触れずにいこうと思います。

 

バンド解散後もそれまで通りソロ活動を主軸に楽曲制作を行い、来年でデビュー20周年を迎えます。

 

冒頭でも述べましたが、直近では2016年のリオオリンピック・パラリンピックにおいて、FHOのクリエイティブスーパーバイザーと音楽監督を務めるという偉業を成し遂げ、今もなお音楽業界に蹂躙する歌姫として名を馳せています。

 

 

 

歌詞が、意味分からない件

 

そんな名実ともに他の追随を許さない日本のトップランカーである椎名林檎ですが、彼女の書く歌詞の意味が未だによく分かりません。

 

たとえば、彼女の代表的な曲「丸の内サディスティック」を例に挙げてみましょう。

 

報酬は入社後並行線で
東京は愛せど何も無い

リッケン620頂戴
19万も持って居ない 御茶の水

マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ
毎晩絶頂に達して居るだけ
ラット1つを商売道具にしているさ
そしたらベンジーが肺に映ってトリップ

最近は銀座で警官ごっこ
国境は越えても盛者必衰

領収書を書いて頂戴
税理士なんて就いて居ない 後楽園

将来僧に成って結婚して欲しい
毎晩寝具で遊戯するだけ
ピザ屋の彼女になってみたい
そしたらベンジー、あたしをグレッチで殴って

 

誰か、マジで通訳してくれ。

 

リッケン620?ラット?ベンジーが肺に移ってトリップ?ピザ屋の彼女?ベンジーがグレッチで殴る?ハイ?

 

どうやら調べてみるとリッケン620はギターの名前で、ベンジーはギタリストであったりと造語ではないらしいですが、それにしても意味が分かりません。

 

もともとこの曲は全英語詞で作られて、その後の発表にあたって語感の良い日本語に変えられているらしいので摩訶不思議な感じなのは仕方ないのですが…。

 

では、次に東京事変の解散後にソロ名義で発表した「自由に道連れ」という曲を見てみましょう。

 

超弩級(ちょうどきゅう)のミサイル
逸る命
この現し身は驀地(まっしぐら)
世界のまん中が視(み)たい
Take me there, won't you?
混沌(カオス)と秩序(コスモス)の間で待って居るよ

最高級(トップバリュー)のドライブ
君の命
そのDNAは驀地(まっしぐら)
世界のまん中に触(ふ)れて
Raise me up, won't you?
破壊と建設の間で立って居て

 

ダメだ、ワケわかんねぇ。

 

 

 

なぜ椎名林檎の歌詞は意味不明なのか

 

f:id:kashiwasita:20171217033547j:image

 

椎名林檎は2009年に文化庁が主催する「平成20年度芸術選奨新人賞」を受賞していることもあり、その音楽性がもはや国から芸術として認められているわけです。

 

芸術作品って、一般人が見ても基本的に意味が分からないものばかりですよね。

 

もはや椎名林檎の歌詞はその次元にあるんだと思います。彼女いわく、歌詞はあくまでもメロディの一部として捉えていて、独立した要素ではないと考えているようです。

 

というのは表向きの解釈で、本当は歌詞の意味がファンに共感を得ているものだと今まで本人が錯覚していたようです。(バズリズムのスタジオ収録より)

 

芸術って、なかなか理解されないですよね…(笑)

 

ともあれ、椎名林檎の書く詞は自然とメロディの波に流れていて、聴いていて心地よいと感じる人もいるんじゃないでしょうか。

 

 

最後に、僕が大好きな東京事変の「能動的三分間」という曲でお別れしましょう。

 

遣る瀬ない沙汰止みを
溜息にして無常
嘆いても時は男女平等

精神崩壊前夜
待ってよサンデードライバー
泣いてんだったら聴きな
才能開花した君は
ヒッチハイクの巧いベテランペーパードライバー

三分間でさようならはじめまして
See, yes I really am movin' on
骸骨を狙えシンセサイザー
Hit!
格付(ランキング)のイノチは短い

 

 

やっぱり、ワケわかんない。