シカゴからロサンゼルスまで

ヨッ、調子どう?

椎木知仁って、弾き語りソロもやるんです

 

f:id:kashiwasita:20171008012346j:image

 

今や飛ぶ鳥を落とす勢いで人気上昇中のMy Hair is Bad。11月下旬に3rdアルバムのリリースを控えている彼らですが、現在真っ最中の『ウルトラホームランツアー』は自身初のZepp規模のキャパを即完売させてしまいました。

 

そんなマイヘアのボーカルが椎木知仁という男なのですが、11月20日には彼の弾き語りワンマンライブ『秋の椎木は笛に寄る』が高田馬場CLUB PHASEで開催されます。

 

My Hair is Bad・椎木知仁、11月に弾き語りワンマン決定 (2017/10/04) 邦楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

 

今回は意外と知られていない椎木知仁のソロ活動について、来たるライブ前に予習をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ちょくちょくやってる弾き語りライブ

 

相当コアなファンじゃないと椎木さんのソロなんて行かないでしょうが、意外とちょくちょくやってるんです弾き語りライブ。

 

直近では10月5日に新宿LOFTで行われた宮川企画『マイセルフ,ユアセルフ』に阿部真央と竹原ピストルの3マンで弾き語りを披露しました。

 

 f:id:kashiwasita:20171008015828j:image

 

 

また昨年の5月に上野恩賜公園水上音楽堂で開かれた『尾崎世界観の日 特別篇』では、憧れの尾崎さんにブッキングを受けてそれに応える熱いパフォーマンスを見せました。

 

f:id:kashiwasita:20171007124940j:image

 

ソロのワンマンも昨年の2月に地元新潟で『渡る世間は鬼ばかり』、8月には上越EARTHで『飛んで火に入る当日券』などのライブをやっており、バンド以外も精力的に取り組んでいるようです。

 

しかし本業であるマイヘアが2日に1回はライブをやるバンドなので、弾き語りソロをやると椎木さんだけが5連チャンなんてこともあるようです。

 

 

 

椎木知仁のソロ作品集

 

実は2014年にリリースした椎木ソロ1枚目『ガイハンボシとアコギ』は、マイヘアの1stシングル『だまれ』と発売日が同日でした。

 

ガイハンボシとアコギ

ガイハンボシとアコギ

 

 

その翌年には続けて2枚目『若者たち』をリリース。そう、意外とソロ出してるんです。

 

 

若者たち

若者たち

 

 

二つ目のバイト始めたんだ

コンビニなんだけど

嫌味な店長に本当嫌気がさしてる

あれから何年経ったろう

-あの頃のバンド、二つ目のバイト/ガイハンボシとアコギ

 

 

ブサイクな女のブログを読んだ

あぁこいつ

書くことまでブサイクだなって思った

-ブログ/ガイハンボシとアコギ

人数の多いアイドルが流行って
みんな好きで
それでもあと何十年か経てば
半分死んで 半分クソババアだと思うけど
-ブログ/ガイハンボシとアコギ

 

f:id:kashiwasita:20171008013015j:image

 

自販機の裏、隠れて吸っていた

電池パックの裏から剥がす二人のプリクラ

ダチに合わせて嫌ってた先生のこと

本当はそんなさ嫌いじゃなかったわ

-大人になってこそ/若者たち

 

 

君の部屋はとにかくよかった

机にはまた書き置きがあった

「ねえ、もしかしてまた辞めた?」

二千円置いてあったんだ

-元ヒモとして/若者たち

誕生日には指輪を買った

開けると同時に君は泣いた

いつも机に置かれた千円

君の優しさで君に買ったんだ

-元ヒモとして/若者たち

 f:id:kashiwasita:20171008000044j:image

 

 

 

いつでも事件は現場で起こっている

 

マイヘアと言えば椎木知仁の弾き語りによる「フロムナウオン」という曲が鉄板で、ライブバンドと呼ばれる所以になっています。

 

いつでも即興、アドリブ、頭に浮かんだものを出すだけ、そんな彼のスタイルが多くのファンの胸を打ち、シーンを撃ち、チャートをぶち抜いています。

 

アドリブといえば曲間の語りも彼の大きな特徴で、歌詞だけでは補えない隙間を埋めるように吐露している姿が印象的です。

 

東京は君の、匂いがする

-真赤

 

f:id:kashiwasita:20171008012438j:image

 

渋谷駅改札を抜けて TSUTAYA前で待って 君に会っても 笑っても 黙っても 手を繋いでも 僕らは少し遠かった

-卒業

 

彼の弾き語りパートには、なにか魂が乗り移ったかのような狂気めいたものを感じます。

 

そんな現場を、一対一で事件を起こす、椎木知人のソロライブ、行きたくないですか?

 

 

 

 

マイヘアの新曲レビューはこちら↓

zenkyu.hateblo.jp